トラジャルインターンシップとは?|トラジャルインターンシップは海外で成長したい方を応援しています。

お問い合わせ:03-6872-1031
営業時間:平日9:30〜18:00 (土・日・祝は除く)

トラジャルインターンシップとは?

トラジャルインターンシップの種類

大きく3つの分類に分かれています。それぞれに魅力のあるインターンシップです。

ホテルインターン

一流ホテルで世界レベルのホスピタリティと、観光産業の醍醐味を学ぶ。

トラベルインターン

専門性の高い知識が要求される業界だけに現実的なキャリアアップへの第一歩を踏み出せる。

クルーズインターン

インターナショナルな豪華客船で一流のホスピタリティとスキルを学ぶ。

ワーホリより、“インターンシップ”

ワーキングホリデー(ワーホリ)では、日系企業での勤務がほとんどですが、インターンシップは、海外の観光産業関連企業!

年間費用も留学やワーキングホリデーの2分の1から3分の1。

ワーホリより、“インターンシップ”

他社よりも“トラジャルインターンシップ”

トラジャルインターンシップは、旅行専門誌「トラベルジャーナル」と同じグループの所属。だから、受入先は観光産業関連企業で、世界中の一流ホテルを中心。

インターンシップ生専用“MYページ”を開設。月1回ご報告をいただき、アドバイスや受入企業に対してのフォローを徹底して行なっています。

帰国後の就職についても、安心。
トラジャルグループの永年の経験と実績から、帰国後の進路のご相談をお受けします。

他社よりも“トラジャルインターンシップ”

英語より、“やる気”

英語を習得するには、積極的に話して、現地に溶け込む努力をするかどうかがポイントです。“やる気”を確認してください。

希望される国や都市のご相談に応じながら、語学力も含め、ご自分に合った受入先をご紹介していますので、安心してご相談ください。

英語より、“やる気”

英語圏より、“アジア圏”

実は、英語圏よりアジア圏でインターンを体験した方のほうが、英語が上達されたと言う人も多いです。
それは、アジア地域は一流ホテルが受入企業でお客様は欧米中心、正しい英語での対応が必要だから。

アジア圏の受入先の多くは、贅沢をしなければ日々の生活が賄える程度のお小遣いを支給。

英語圏より、“アジア圏”

受入先ホテル実績例”

国・地域 ホテル名
タイ・バンコク St. Regis Bangkok
タイ・プーケット Hilton Phuket Arcadia
タイ・クラビ Rayavadee
タイ・サムイ島 Banyan Tree Samui
インドネシア・ジャカルタ Mandarin Oriental Jakarta
インドネシア・バリ島 Grand Hyatt Bali
インドネシア・ビンタン島 Banyan Tree Bintan
カンボジア・シェムリアップ Le Meridien Angkor
カンボジア・シェムリアップ Amansara
ベトナム・ホーチミン Park Hyatt Saigon
ベトナム・ハノイ Sofitel Legend Metropole Hanoi
マレーシア・クアラルンプール Novotel KL City Centre
マレーシア・コタキナバル Sutera Harbour Resort
フィリピン・マニラ Hyatt Manila
フィリピン・セブ島 Movenpick Hotel Mactan Island Cebu
フィリピン・パマリカン諸島 Amanpulo
UAE・ドバイ Park Hyatt Dubai
香港 Kowloon Shangri-la
中国・杭州 Amanfayun
中国・上海 Sheraton Shanghai Pudong
パラオ共和国 Palau Pacific Resort

上記の他にも受入先は多数ございます。
詳しくはお問い合わせくださいませ

トラジャルインターンシップの魅力は伝わりましたか?

その他、ご不明点がございましたら、お気軽にお問合せください。

説明会のお申込はこちらからどうぞ